確定申告の押印廃止?

国は確定申告などの税務手続きについて、押印廃止を検討する方向で動いているようです。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020101900694&g=pol

このニュースを見た時、私は正直違和感を覚えました。

今は電子申告が主流です。
スマホで確定申告ができてしまうような時代です。
押印は、郵送で申告書を提出(又は税務署への持ち込みによる提出)する場合に発生するものです。
確定申告の郵送提出の手間を省くことに力を入れるのは、それこそ無駄なことなんじゃないのかと思いました。

確定申告の郵送提出はとても面倒です。
マイナンバーカードのコピーの添付、
マイナンバーカードを持っていない人は免許証と通知カードの添付。
そして、押印です。

いや、しかし郵送提出は面倒だからこそ
じゃあ電子申告に切り替えようと思う人が結構いるのではないでしょうか。
私は今までこう思っていました。
国は、確定申告の郵送提出の手続きをわざと面倒臭くすることによって、電子申告への切り替えを促そうとしてるんじゃないかと。

国は今まで電子申告への切り替えを促すために必死にキャンペーンをやってきました。
そのことと今回の押印廃止の動きはなんだか逆の方向を向いているように思います。
やってることがチグハグだなという印象です。

押印が廃止になり、郵送提出の手続きが楽になると、電子申告をやめて郵送提出する人がまた増えてしまうと思います。
今までの電子申告促進のキャンペーンは一体何だったんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です